qrcode.png
http://www.fukumoto.ne.jp/
モバイル版はこちら

有限会社
カーサービスフクモト

〒922-0011
石川県加賀市大聖寺敷地町チ20
TEL.0761-73-3696
FAX.0761-73-4758

―――――――――――――――――
1.各車種自動車販売・欧州車販売
2.車検整備・一般整備
3.鈑金・塗装
4.ボディケア・クリーニング
5.本革シート張り替え
6.自動車保険代理店
7.タイヤ販売
  (阿部商会 特約販売店)

―――――――――――――――――

古物商許可証取得
石川県公安委員会
  第7480号(平成5年取得)

 

 
102137
 

GOOD WOOD(英国)旅行記

   

〜GOOD WOOD(英国)旅行記〜

車の動きも悪く、ここのところの諸物価の上昇で、最低水準の販売を記録中に“今しかない!”とのことで、久しぶりの欧州の旅へ出かけてきました。

 

● introduction ●

● introduction ●
 

日頃(今まで)休む事は全く無く、自分の中に徐々に「車屋でございます」みたいな、先ずなりたくない自分になりかけていて、ここで心機一転『活きた車たち』を見るべく、フランスのル・マン・クラシックへ・・・と思っていたが、突然代理店の都合にてキャンセル!急遽英国の「GOOD WOOD」へ行くことになった。しかし4年ぶりの本国での開催になる「ル・マン・クラシック」と今回の「GOOD WOOD」は同日開催らしく、少々嫌な予感を感じつつ、9日夕方に英国に向け出発した。

GOOD WOOD・・・
1993年に始まり、今年15回目の開催となる歴史的にも文化的にも意義深い一大イベントで、1900年代前半のヴィンテージカー、初期のレーシングマシン・バイク、最新F-1マシン、そして何より歴代のスーパースター・グランプリドライバー達に会場の中で直に出会えるチャンスが多々有る、英国自慢の15万人以上の人々が集まる一大スペクタル!とか。
しかしフランスのル・マン・クラシックと同日と言うことは?ひょっとして“あの車達”は?二分する?どちらかへ流れて本当に見たい車は今回のGOOD WOODにいるのか?・・・・・
 

   
長時間のフライト中そんな不安を持ちつつ、夢は膨らんだり、不安も少々。
しかし機内は狭い。ファーストクラスが羨ましい・・・途中乗り替えの北京空港はセキュリティチェックの厳しい事、態度の悪さ、最低!!こんなので本当に来月のオリンピック開催出来るの?!英語も全く通じない!キュリティチェックはなんと!!4回!!しっかり身包み外されていたのに、フライト前に又2回!チェック!オリンピック開催うまくいきますように!
でも雰囲気悪かったですよ。
 
なんだかんだでようやくロンドン・ヒースロー空港へ到着。
いやぁ〜、久しぶりのヨーロッパの香りです。空気が香り、人のにおい?喧騒がTOKYOと全く違う世界。しかし寒い。寒いのです。到着を自宅に電話すると、日本は30℃近くらしいが、こちらは20℃あるのか?事前に20℃とか15℃とかネットでは調べていたのに体が対応できないので、慌ててトランクを開け、コートを着用する事に。
 
レンタカーにて日本と同じ右ハンドルで左側通行の道路を走り、お宿のサウサンプトンへ一路向かうことに。
落ち着きのある道路、無料の高速道路、大きな街の出入口にこそ信号はあるものの、郊外へ一歩出てしまうと、信号機は先ず無く、ほとんどがロータリーになっていて、実にヨーロッパの街々は走りやすい。そして実に!マナーが良い!!さすが英国紳士と言うところか?ひんやりとした空気の中、ロンドン郊外は美しい。電柱無し、ガードレール無し、ひつじさんが草原に、馬がのんびり、牛たちも草をのんびり食べたりで、全面フォトグラフのようで実に美しい風景である。
 
「あ〜、ここに住みたい。移住しようか?近々に!」なんて気にさせてしまうくらい美しい国。ホテルに到着し、時差ボケだが辺りの風景の美しさにしばし呆然!!ホテルのすぐ横に大きな公園もあるし・・・とにかく今日はお休み・・・
GOO・GOO・グゥ〜・・・・・
 

● the first day ●

● the first day ●
 

朝6時起床。実は同行者にたたき起こされたと言うべきか?実の息子は朝が早い。さすが修行中の身。ちゃんと早起き出来るのだ。子は育ってる!
英国の食事はマズイと聞いていたが、エッ??美味しいですよ!このソーセージ・パン・果実・そしてベーコン。美味しいおいしいと2回おかわりしてしまう。
 

そして一路GOOD WOODへ向かう。高速道路走行中、いろんな車たちが追い越して行くが、どれもこれも皆GOOD WOODへ向かっているのか?そんな気になるくらい、少しずつ道が混みだし、看板も見えてきていよいよ気分も最高潮になり、高ぶりそしてこの美しい田園風景の中にあの名車たちが並び、そして疾走するのだ。125Sは?166は?250は?917は?マトラは?ロータス49は?ホンダRA271、272は?
 

   
大平原の駐車場に車を並べゲートに向かうが何?この人の多さは!並ではない人の多さ、そして年齢層というか若者も当然多いが、とっくに80代という人も多い。モーターファンの層の深さを思い知る!どこかの国のように税金を取るためのツールでは無く、“かざり”でもなく、車を本当に心から愛しているからこそ出来るイベントなのだとも思う。
   

はるか森の遠くから“ファオ〜ン・ファ〜ン!カ〜ン!!”と聞こえてきて、空にはヘリが飛び廻り、飛行機も何機も飛んでいて・・・。前を歩く老夫婦は仲良く手をつないでこの入り口のグリーンピクニックを楽しんでいる様子はやはり日本でのイベントとはふた味以上違う気がします。
いざ入場!チケットを切ってもらい森の中のスロープを150m程歩いて、正面にデ〜ンとお城のような立派な建物は、ここサウス・サセックスのチャールズ・マース伯爵の邸宅で、この巨大な会場である敷地は何と個人の邸園なのだ。
「欧州の貴族の力はさすが!」なんと美しい敷地か!そして園内に入ってみたら人の多さは普通ではない。至る所に巨大なブースがあり、テントがあり、それらの中に今回のメインの宝物である車たちが居るのだ。
命を与えられたそれらが生き生きとコースに入っていったり、そして戻ってきたり、もう最高です!!

M.Bのブース、ローバーのブース、そして日本のトヨタ・日産数え上げたらきりが無いくらいのブースと土産品のテント群、そして子供の遊園地まであり、その中央を縫うように、あの有名なレーシング・ヒルクライムコースが走っている。
なんと少しずつ上りになっていて、後半はかなりの急坂になっていましたよ。知ってました?その遠くて上り坂のキツイこと、何キロ歩いたか?足首が午後にはついに動かなくなってしまう位、辛い上り下り。その真横をレーシングマシンたちが快音をたてて全開で走っているのです。
 

   
お目当ての車はどこ?巨大な丘になってるこの会場のどこかに?この森の中か?いない!あっ!312だ!何とイクスの312!マトラ!ジャッキースチュワートのマトラ!ガルフポルシェ917!ワ〜イワ〜イ!!
でも何か変、何かが足りない、いないのだ。何かが・・・・
おもいっきり舞い上がったあとの下降線上で気付いた。250がやはり無い。ポルシェ911?…日本軍団は?エッ?何?日産のみ?!トヨタさん、ホンダさん!どうなってるの?思わず力が抜けてきた。疲れもあるのだろうが違う!予想がズバリ当たって欲しくない。。。

予想が見事当たりだったようだ。たぶんだけど、あの“LE・MANS”へ大半が行っているのだろう。にしても何たる運命か!
 

 

● the second day ●

● the second day ●
 

今日の朝の出発はもっと早いらしく、(昨日はここの朝食がメチャ美味しくパクパク食べてて遅くなり、渋滞にはまった為)でも僕はもうNoサンキュー!今日2日目は行かないと決めた。だってあまりの失望感が、旅の疲れと共に体を動かそうとしなかったし、なにかしらこのホテルの横の美しい森のような公園で一日過ごしたほうがまだ良いと直感的に思ったことも事実なのだ。

今回の旅は自分を入れて4人旅で、他の3人はそそくさと用意をして出て行った。ただ息子は僕の顔色を見て、「本当は行きたいくせに!でも年?だから体を休ませた方がいいし、代わりに僕がビデオ撮影をしてやろう」と決めていたらしく、実に頼もしかった。「お前に任せたヨ!!」

 

部屋のドアノブにドント・ディスタブ!の札も付けて朝はおもいっきりのんびりし、あの美味しい朝食もゆっくり楽しみ、『晴れ男』の僕は、今日は一人英国の街を散策するということで公園に入った。

空気がひんやりし、オゾンを肌で感じ、英国特有の雲が多い空から、時折真っ青な青空が見え隠れし、何と異国情緒あふれる光景か。やはり“妖精”って本当にいるんだ、きっとここに住んでる!!なんて思わせてしまうくらい美しい。

 
リスが木から降りてきた。エッ?本物のリス、かもめがいる。野鳥が多い。一体どれ位の種類の鳥たちがいるのだろう
 
余りの美しさに見とれていたら、本国から携帯に電話。今日は行ってないことを告げると、細君が「あんた、そこのサウサンプトンの街は造船と航空産業で潤った街で、あの“タイタニック”もそこから出航したんヨ!」って!!「フ〜ン、あれまぁ」。GOOD WOODのみで頭がいっぱいでそんなところに泊まっている実感は全くなく、実は一切調べてもいなかった。でもでも、そこに居る!というだけで僕を夢中にさせ、気力も不思議にわき上がってきた。だからあのかもめさんたち、たくさんいるんだ!もう、すぐそこが海なのだ!!
 

1912年にそう!ここ“サウサンプトン”の港から、あの“タイタニック”は出航し、そして遭難したのだ。1997年に映画でも大ブレークし、僕も何度も見たはずなのに・・・。じゃ、きっとメモリアルセンター?か何か有るに違いない!とホテルに戻り、フロント嬢に聞いたら、ここからタクシーで10分のところにそれが有るとの事でさぁ出発!もう先ほどまでの気分が180°回転し、本国と8時間差おかまいなしの電話で報告を入れると、さらになんとOLD TOWNが有り、僕の好きなTUDOR Houseも近くにあるとか。これは是非見ておかなくては・・・。

 
・・・すぐ海になり、岸壁にはタイタニックの代わりだろう超巨大船が横付けされている。全長300m近く?高さはおそらく30mくらいか?タクシーの運ちゃんの話によれば、映画館が中に4箇所、そしてショッピングモールが3箇所有るとか。しかもこの巨大船、オブジェではなく実際に動くのだからもうびっくり!!
 
そして“タイタニックハウス”に到着。
 
国の造船技術を展示し、そしてメモリアルタイタニックのコーナーで思わず涙ぐむ。
 
そしてOLD TOWNへ。石畳の坂を上っていくと、そこはもう中世!で古い教会の町並み。目を見張るほど美しいたたずまいである。
 
そしてこれか?TUDOR House。
当ショールームは英国チューダー風なので、たぶんこれだろう。しかし凝った造りである。木造にレンガをはめ組んで建てられている。

横の石畳の坂を下るところがあり、そこに古い扉があり、のぞきこんだら「ハロー!」って!ン??
ようこそ、チューダーハウスに」って愛らしい笑顔がそこにあった。
どこからいらっしゃいましたか?」
「はいJAPANです」
私はボランティアですが解らない事があったら聞いてくださいね
と実にかわいい笑顔で答えてくれた。人の情、心というか日本ではまず有り得ないであろう気さくさ、ひとなつっこさか?今日だけで何人の人に何言わぬ助けをしてもらったか?

 
その後、実にものすごい距離を昨日に負けず劣らず歩いた事か。「足が棒」ってこの状態を言うのだろう。美しい城壁を横にし、相当の道を歩いてそろそろ“水”が欲しい。いや“アイス”が欲しい。いや、こちらにはまず無い“アイスコーヒー”が飲みたい。だけどEUには無いんだよなぁ〜これが。。。。
 
ひとしきり歩いて突然繁華街に出た。いきなり人っ子ひとり居ないOLD TOWNからここは・・・?若者の歩行者天国?か??
イギリスはここも人種のルツボ。いろんな国の人々が右往左往。ショッピング街なのだろう。それにしても人がメチャ多い!
 
その地域でようやくスターバックスの見慣れた看板を発見。店内もメチャ混み合いで、ようやくって思いで、有った!!アイスカフェラテ!!ミディアムサイズでオーダーし、程なく手元にきたのだが。ん?ストローはどこ?聞ける状態ではないので店内をひとり探すが見つからず、「仕方ね~な~、外で飲もう」とあきらめかけたら、ブロンドのお客であろう婦人が「プリーズ!」ってストローを手渡してくれたのだ。なんて優しいの?!ありがとうありがとう。サンキューではなくサンキューベリーマッチ!です。久しぶりのコーヒーの味は体に沁みる。そして人の優しさ、温かさに心底感激のサウサンプトンの街でした。
 

今日一日学んだ事。
ひとつの事のみとらわれず、全方位を見極めておくこと・・・・。
でないと、せっかくの本物を大切なものを見落としてしまうということ。
 

心底この街にいつか住みたい。住むかもしれない・・・・

 

● the third day ●

● the third day ●
 

もう!駄々っ子だぁ!とひとり反省の僕は、3日目のGOOD WOODは行くことにした。
その時点、朝9時には、もうひとりの“彼”は5時半起きにて出発していたらしい。なんとたくましいことか!しかしやはり自分の中には、あちらで(会場内で)2〜3時間土産の件も決めて、見落としが有るかも?等、ささやかな期待も実は有るので過ごすことにする。

 

今日も晴れ男のせい?!で快晴で、雲が多いが時折射すような日差しが体を焼く。
会場に到着すると、初日から聞こえていた“不整爆発”しているであろう現代F-1のみっともないサウンドが聞こえている。
『エベベベベ〜〜〜〜ェ!!ベェ〜〜〜、ベ〜〜〜ェ!ベベベーエ〜〜〜〜〜!!!』
まるで狭くてヤダヤダ!って暴れているような音である。

   
今日は3日目の最終日で、しかも日曜日なので更に人が増えている。全く歩けたものではない。気を取り直して、オバちゃんよろしく、コース横に無理矢理割り込み走行してくるF-1を何台かビデオ撮影するが、チビの僕には巨漢たちの横に割り込んでいても、体の大きさ、手の長さの違いによる差は大きく、なかなか各車の走り去る勇姿は上手く捉えきれないのである。クッヤシ〜〜〜!!モーイヤ!!
やっぱり早く土産品を見つけて帰ろうってんで、初日には行っていないエリアに行くことにした。テクテクテク・・・足が重い!というよりも足首がもう既に動かないのだ。こんなのは初めての経験で実は自身体力には相当の自信があったのに・・・
   
ロータス?エッ?!ジム・クラークのF-1が有る、見っけ!!カッコいい!!美しい!!!
 
そこはチーム・ロータスのメカニックが運営するテントで、中はスケール・モデルからシャツ・ウェア・ステッカー等々かなりの一品が並べられている。
ここで決めよう!あれとこれと・・。
 
「キャナイ、ディスカウント?OK?!」
「ン〜!OK!!サンキュー。これもつけましょう!」ってラッキー★なんと彼はアイルトン・セナの1986年87年のあのJPS時代のメカニックでした。はい、パチリ!
 

目的はほぼ達成したし、これで今日はもう帰ろうということで、同行の案内人の方にTEL、無理言って息子と共々早々に帰ることにした。
これから息子と昨日と同じサウサンプトンの街を再び訪れるつもりなのだ。あの美しかった街の話をしたら、モーレツな反応で絶対に行きたいし、ましてタイタニックには特別な想いがあったようで、又一緒に行く事になったのです。今日はどんなハプニングがあることやら。。。

 
今日は僕が案内人で、これが、あれがと説明するが、本人はカメラ撮影に夢中でそれどころではないらしい・・・。だってどこ見ても美しいんだもんね!
暑い!辛い!!キツイ!!!ので再び例のスターバックスへ行き、得意?!のカフェラテをテラスで2人で飲んでいたら、突然後ろのドアからブロンドの2人のギャルが、「ワッ!」て目の前に飛び出てきて、びっくり!たぶん今風の若者英語をまくし立てているのか意味が良く解らないが、
 
『あんた、どこから来た人?何人?』って。
『JAPANESE!』『OH!』
どうも中国人と思ったらしく、中国に何か意味があるのやら・・・・・・・・・・・・・・・・。
この2日後に大変なことが。中国、チャイナ・・・・・・。
 

● the final day ●

● the final day ●
 
今日で英国の旅も終了で、ここサウサンプトンの居心地のいいホテルとも、そこの公園ともお別れになると考えたら、短いけど内容の濃い、そして人々との数々の“ふれあい”を想い出し、グッと胸にくるものを押さえ切れなくなった。これが旅情というものなのだろうか?いつか近々ここに住みたい。優しく流れる時間の中に・・・旅人だからそう思えてくるのだろう・・・仕事も待ってるし・・・・・・・・・・・・。
重いトランクに荷物を詰め込み、そしてチェックアウト。「とても快適に過ごせました!ありがとう」
 
今から帰りになるが、とりあえずロンドン方面に向かう気にもなれないし、少し寄道でもしてイギリスらしい田園風景をさらに楽しもうと意見交換した結果、ここからほぼ一時間位のロンドン空港とは全く反対方向だが、Beaulieu(ビューリー)と呼ばれるとても美しい田園の中、『国家自動車博物館』に『宮殿ハウス』そして『ビューリー・アビー』が一同に楽しめる地域へ行く事に決定した。
車にて程なく走ると、やはり英国のそれで緑の濃い左右に広がるのどかな風景が、更に一変し、まるで“湖水地方?”と見紛うような美しい景色が目の前に広がってきたのである。
   
原野にヒツジさんはもとより、美しい馬たちがのんびり遊んでいるのだ。それもかなりの頭数で、良く見るとどの子も良く手入れされているであろう位、綺麗な馬たち・・・。思わず停車してあちこち撮影したくなる欲求を我慢しつつ、村の中に入ると、風景を壊さない建築様式の車屋さん、そして中世からそのままであろう建物を改装したホテル等々、なんと美しい村なのか。農家も多く、それらが皆そののどかな風景に活きている。「やっぱりここに住みたいなぁ〜」

そしてその村のはずれに?THE NATIONAL MOTOR MUSEUM?の看板を右折し入場した。美しい森の中にそれは建っており、「フゥ〜ン、結構近代的なとこなんだぁ!」と・・・。車たちが生きている。プロストのF-1からブガッティまで、天井の空間もとてもうまく利用して展示されているのだ。1800年代の店舗も復元され、まるで本物のお店みたい!前日までのグッドウッドのあの喧騒の中からは、まるでウソのように今回は静かに見ることが出来る。時間もゆったり流れているような。。。
 

   
そして『宮殿ハウス』へ・・・。
そこへのアプローチはもう美しいなどという言葉で形容してはいけない程、息を呑む美しさ。広大なイギリス邸園を中央にかかえ、ヘンリースコット卿(初代の所有者)が1870年に拡大する家族の為に、さらに拡大した華麗な宮殿が目前にそびえ立ちます。良く手の入った芝生と美しい敷地の中、どこから見ても絵葉書以上の美しさです。今日は現在の住人であるモンタギュー卿一族がプライベートの敷地でちょうどランチタイムらしく、お庭にて姿を見ることが出来ました。いいなぁ、こんな綺麗なところに住んでるなんて・・・。

   
そして宮殿ハウスの内部見学にとチューダー調の入り口からドアを開けたら・・・
「ヘロー、ウェルカム!」正面にメイドさんがふたり!ハリーポッター?アガサクリスティ?。。。。頭の弱い僕にはどう形容表現したらいいやら。とにかく絵になるお二人さんがブリティシュスマイルで「どうぞ、ゆっくり見て楽しんでいってくださいね!」って!クラクラヘロヘロメロメロ〜かわいい!!そしてなんという品があるだろうか!ダイニング・礼拝堂・リビングそして書斎と豪華、華麗以外の言葉が見当たらないです。ステンドグラスや大窓から再び芝生の奥の村々の眺めは又一層美しく見えました。
時間よ、止まれ!でもう少し、あと少しの時間ここに居たいけど、所詮僕は旅人。4時にはヒースローへ行かなくてはとここを後にした。
   

そしてその後、この村を離れがたく、やはりこの地でランチをとってから行こうということで、美しいホテルを発見しそこでもうしばらくのこの地を楽しむことに・・・。
 
窓を見やると馬たちが道路を歩いている。車道をだ!ここでは動物が車より偉いみたいで、その馬たちの後ろを遠慮しながらトボトボ車が走っている。実に不思議な光景だ。
「今から家に帰るのかい?」
『イヤ、チガウヨ。ベツノトコロニクサヲタベニイクノサ』
と子連れの馬が言ってる・・・ような?
 
食事しているこのレストランから対岸に今居た宮殿が見える。
「本当!綺麗なとこだなぁ!!」
そして一路ロンドン方向へ出発・・・(本当に帰りたくない。ここに居たい。戻りたくない・・・)
 

 今回の旅は少しでも安くと思い、北京にて乗り換えのチャイナ・エアライン利用で、まぁ思ってもいなかった中国の大地をほんの少しでも見ることが出来、多少面倒くさいけど「まぁ、いいかぁ!」と思って納得。オリンピック開催で、さぞ進歩しているんだろうなぁと一人思っていたのだが・・・・。
 

 
安い旅客運賃の航空路線のターミナルは、巨大空港の一番奥!外れにある。肌の色での差別か?と思わせるくらい遠いとおい所にて、大して遅れること無く、セキュリティチェックも北京ほどいやらしく、しつこくなく、無事終了し出発出来た。あとは今一度、又北京空港にて乗り換え後、いよいよ成田・日本に着くんだなぁと、機内にて今回の英国の素晴らしかった事を思い出し時間は流れる。。。
 
もうしばらくで北京空港だ。『でもあの光化学スモックひどかったねぇ・・・200m以上全く見えないよね!あれで本当にオリンピックできるのかしら?!』マラソンランナーや各競技種目の選手たちは、あの空気を吸って大丈夫かなぁ?等々余計な心配が頭をよぎっていた。狭い機内ではこの帰りも同じで全く眠れたものではない。「あぁ〜、眠いよぉ〜」
 
そしてようやく北京着。ここで2時間弱過ごせばもうすぐ成田行き・・・そしてフライトの時間に突然“キャンセル!?”10分前にキャンセル!説明無し!!
今回も荷物チェック・身体チェックでものすごくいやらしい。嫌な思いをしたばっかりなのに、今後はいきなり“キャンセル”=飛ばない!帰れない!
そしてその後、もう既に思い出すのもサイテーな中国側の対応で、4時間訳の解らない状態で立ちっぱなし。
 
そしてこの世と思えないホテルと言うより「安宿」にてチェックインまで又1時間立ちっぱなし。部屋に入ったらゴミだらけのしかもウンチの香りの水が出るシャワールームで一晩過ごすこととなった。何たる運命!英国での美しい思い出が、このアクの強い中国側の超最低の対応でかき消されてしまう。やめてくれヨー。来月には世界中を客として迎える立場の中国がどうしてあのような“高圧的”な態度なのか?ぶっきらぼうで笑顔ひとつなく、英語は全く話せず話さず、中国語のみ大声でまくし立てて、これで本当に“北京国際空港”なのか、全く驚いてしまう。
   
日の朝5時起きで、超汚い空気のモヤの中、バスにて約70名の客は成田へのフライトに出発できたのだ。これでもう英国での美しい思い出のみの為、中国でのあの悪夢のような出来事は忘れるようにする。ちなみにあのマラソンの土佐礼子さんも僕らと同様、中国合宿の帰りに今回の事件に巻き込まれた様子で、疲れきった彼女の顔を思い出すと気の毒でしょうがない。是非それにめげずにマラソンにてやっつけて欲しいものと心から思う。
   

そして最後に僕はイギリスがとても好きになりました。

又いつかきっと行くことがあるでしょう、きっと!
 

~*~*~ END ~*~*~

 

PhotoGallery

PhotoGallery
 
<<有限会社カーサービスフクモト>> 〒922-0011 石川県加賀市大聖寺敷地町チ20 TEL:0761-73-3696 FAX:0761-73-4758